CAさんで秘書に転職する人が増えた理由とは!?


秘書ってどんな仕事をするの?

秘書の仕事はどんな仕事だとイメージしていますか?秘書は、社長や偉い人のスケジュール管理をするだけの仕事というイメージを持っている人が多いですが、その仕事内容というのは多岐に渡っているのです。例えば、スケジュール管理はもちろんですが、秘書をしている人の代わりに郵便物を開封したり、お礼状を書いたり、アポイントメントを取ったり、本当に多岐に渡っているのです。そしてリモートでも管理をする事ができる事から、転職をする人が増えたと言います。なぜ転職をする人が増えたのか、それは航空業界からの転職が多かったとも利いています。航空業界はご存知の通り、コロナが流行してから飛行機が飛ばなくなったことを受けてCAの方が、転職先に秘書業務を選ぶケースが増えたのです。

接遇が活かされる秘書の仕事とは?

航空業界のCAさんといえば、サービスの最高峰ともいわれていると思いますが、そのCAさん達も転職先に選ぶくらいの秘書の仕事ですが、接遇がとても活かされる仕事です。接遇、これはおもてなしの心がベースとなっていますが、接遇ができなければ秘書の仕事に就くことは難しいのです。誰かの秘書をする場合、その人がやってもらいたいと思っている事を先回りして出来る気配りが必要になります。また、その人の代わりに表舞台に立って連絡を取ったりもしますので、いわゆるその人の顔となる訳ですから、恥ずかしくない所作が必要となってきます。

働き方も多種多様で、専属でつくこともあれば、派遣として働くこともあります。派遣の場合は長く同じ人についているわけではないので、気が楽だという人もいるようです。

秘書の派遣は、勤務日や主な仕事内容、勤務地などを選択しやすく、自由度の高い働き方として人気が高まっています。